ごあいさつ

image-01

店主あいさつ

澤村屋は長野県飯田市知久町に創業以来、200余年になります。
これもひとえに地域の皆様方の長きに渡る温かなご支援の賜と深く感謝御礼申し上げます。

飯田の地は、歴史ある“一本桜”が街中に点在することで有名です。
そんな中には700年を超える古木まであります。
桜は、大和心の象徴ともされますが、私たち日本人はその季節、爽やかな希望とともに不思議と心を晴れやかにさせられるものです。
また一片の散りゆくその姿にも言い知れぬ情緒を感じるものです。
“きもの”にもどこか似通ったものを感じませんか。

我々は、きものを通して日本人としての“心”を伝えることにひとつの使命感を持っております。
その中で、常にお客様から愛され、期待され、信頼される店づくりを目指しています。
澤村屋も飯田市の一本桜のように、ときに地域の人々に潤いを与える豊かな“心づくり”にお役立てれば幸いです。

tenshu

 

澤村屋の歩み

創業者は、二代目興四郎。当時の市瀬家の屋号にちなみ、“澤村屋”を創業。
創業時は、もっぱら雑貨や紙を商い、呉服を扱い始めたのは天保3年(1832)、三代目の時代。
現在の呉服専門店の形態となったのは、明治に入ってからのこと。
以降、2度の大火に巻き込まれる不遇にも耐え、多くのお客様に励まされながら現在に至る。
創業以来200余年、変わらぬ同じ地、飯田市知久町で“澤村屋”を営み続けるその歴史は、長野県でも最古。
山喜の冠が示す“たくさんの喜び”が澤村屋の原点。
尚、京都府指定無形文化財の染色作家市瀬史朗は、八代目朔夫の長男で、当代宏道の実兄。
日本伝統工芸展においては2009年で30回入選中。

 

享保18年(1734)

鼎名古熊市瀬家より飯田市知久町2丁目へ出家(屋号澤村屋→初代澤村屋興四郎)

享和3年(1803)

現在地長野県飯田市知久町1丁目にて、澤村屋を創業(二代目澤村屋興四郎)

文政8年(1825)

三代目興四郎就任

万延元年(1860)

四代目(一世)文三郎就任(文之助)

明治26年(1893)

五代目(二世)文三郎就任(菊之助)

明治41年(1908)

六代目(三世)文三郎就任(邦治郎)

大正11年(1922)

5月大火にて類焼、8月新築落成

昭和20年(1945)

七代目文一就任

昭和22年(1947)

飯田大火にて類焼、8月新築落成

昭和38年(1963)

2階店舗新設

昭和42年(1967)

(有)澤村屋呉服店設立

昭和44年(1969)

市瀬史朗(朔夫長男)、京都染色作家小倉建亮入門

昭和48年(1973)

八代目市瀬朔夫就任

昭和50年(1975)

11月1日新店舗落成

昭和51年(1976)

市瀬史朗日本伝統工芸展初入選

平成6年(1994)

九代目市瀬公男就任(文一次男)

平成18年(2006)

十代目市瀬宏道就任(朔夫次男)

平成21年(2009)

市瀬史朗京都府無形文化財認定

ページ上部へ戻る